静岡の医学部に受験をすることに決めた

地元静岡の医学部に挑戦することに

地元の静岡の医学部であれば、頑張れば入ることができそうな位置にいましたから挑戦をするのもいいかなと考えたのです。
安易な考えかもしれませんが、これといって取り柄のない自分にとっては成績がいいというのだけが唯一の自信でしたからそれを活かすことができる方向で頑張ろうと思ったのです。
しかし、いくら静岡の医学部であっても適当にやって受かるようなものでもありませんから、とにかく一年生の間にどれだけ成績をのばすことができるかやってみてその上で判断をすることにしました。
本気で目指している人の場合には、一年生の頃から対策を立てているわけですが自分の場合には医学部を目指すことが遅かったこともあって、とりあえず一年生は様子見をしてその上でチャンスがありそうであれば挑戦をするという方向で行くことにしたのです。
とりあえず学年でトップクラスにいなければ話しにならないと考え、そこから必死で学校の勉強をしたところ第一関門である学年の成績では全て上位五番目に入ることができました。
そこで、ようやく挑戦権を得た気持ちになったのでそれから予備校に通って本格的に受験対策を始めることにしたのです。

高校進学時はその先の進路は未定でした | 地元静岡の医学部に挑戦することに | 予備校に通い始めた頃は不安でした