静岡の医学部に受験をすることに決めた

予備校に通い始めた頃は不安でした

工藤塾 | 佐鳴予備校 | 四谷学院 | 駿台予備校 | 武田塾

高校進学時はその先の進路は未定でした | 地元静岡の医学部に挑戦することに | 予備校に通い始めた頃は不安でした

予備校に通い始めた頃というのは、医学部の受験対策というのは非常にシビアなものでついていくことができるかなと不安になってしまいました。
それでも駄目なら駄目で勉強が無駄になるわけではなく、別の道を考えればいいと不安になるようなことは一切無視してポジティブにやっていくことにしたのです。
予備校の先生の指導も良かったのか、自分でも驚くほどに学力が伸びて受験を迎える年にはかなり合格の可能性が見えてくる状態となっていたのです。
多少模試の結果に不安を残したりもしたのですが、なんとか圏内には入ることができる感じだったのでいよいよ受験に挑戦をすることになりました。
気分的には受かると嬉しいぐらいのどちらかと言えば弱気な感じだったのが、逆に功を奏したのかリラックスをして試験をうけることができたので思った以上のできでもしかしたらという期待感がありました。
下手に期待をした分だけ合格発表の日は落胆することになってしまうのではないかなと思っていたのですが、合格だと知った時には一気に喜びがこみ上げてきて世界が明るくなったような気がしました。